世界のてりぃブログ

いくつになっても、冒険野郎!

日本語教育

日本語教師になるには?【How to Become a Japanese Teacher!! 】

投稿日:2019年6月19日 更新日:

こんにちは、今回は「日本語教師」について書きたいと思います。

日本語教師ってなに?

みなさん、日本語教師って聞いたことありますか?

日本語教師とは、主に外国人に日本語を教える先生のことです。

一般の日本人なら普通に日本語を話せるので、誰でも日本語を教えられそうですよね。

ですが、実際ちゃんと教えようと思ったら、これがなかなか難しいのです。

例えば、「わたしは日本語の先生です」と「わたしが日本語の先生です」の違いはわかりますか?

日本人なら何となくニュアンスの違いを理解できますが、外国人に違いを説明するとなると、なかなか難しくないでしょうか?

このように、日本語を外国人に教える場合は、日本語の体系的な知識が必要となってきます。

実際、日本語教師という仕事の需要はどんなものでしょうか?

日頃の新聞やテレビなどの情報から察しがつくと思いますが、日本語を勉強しようとしている学習者はここ最近急増しています。

留学生や外国人労働者など、日本を目指す外国人は年々増加しています。

それに伴い、日本語教師の供給は全然追いついていません

このような現状から、最近では日本語教師を目指す人も増えてきているのが現状です。

では、日本語教師はどんなところで働くことになるのでしょうか?

主には、日本語学校や、企業での出前授業外国人技術研修センターインターナショナルスクール大学の留学生科などです。

また地域のボランティア教室や、公立の小・中学校などの現場もあります。

国外での職場としては、現地の日本語学校なども需要があります。

雇用形態には、専任常勤非常勤とありますが、半数以上の先生は非常勤です。

また、よく言われることですが、日本語教師の給料は安いと言われています。

なので、実際日本語教師になる人たちは、主婦や定年退職者、あるいは学生などが多く、実際家庭を持っている働き手の男性は収入的になかなか難しいかもしれません。

これからは需要が伸びてくると思うので、給料面も改善されるといいですね。

それでは、ここからが本題になりますが、

【日本語教師になるには?】

まず資格が必要になってきます。

日本語教師の資格を得るルートは3つあります。

日本語教師養成講座で420時間のコースを修了する。

日本語教育能力検定試験に合格する。

大学・大学院の日本語教育専攻で学ぶ。

以上の3つのルートについて解説していきます。

【 ①日本語教師養成講座で420時間のコースを修了する 】

専門学校などに通って授業を420時間受講しなければなりません。

メリットとしては、対面学習で理論と実技を学べ、教師採用のチャンスもあります。

デメリットとしては、時間とお金がかかるということです。

具体的には、420時間受講するのに1年前後、費用は学校にもよりますが、50~80万円くらいではないでしょうか。

【 ②日本語教育能力検定試験に合格する】

毎年秋に実施される検定試験に合格しなければなりません。

メリットとしては、費用が安いということです。検定料10,800円に、独学するための参考書代数千円で済みます。

また、後に述べますが、その難易度の高さから、持っていると就職に有利になります。

デメリットは、チャンスは1年に1回だけと、独学で勉強しなければならないこと。

そして最大のハードルはその合格率です。

なんと合格率は、約20%!!!!!!!!!!!!!!!

合格点は毎年決まっているわけではなく、その年その年の平均点から合格点が決まるので、相対的に合格不合格が決まってきます。

【 ③大学・大学院の日本語教育専攻で学ぶ 】

大学の場合は、主専攻で45単位以上、副専攻で26単位以上履修する必要があります。

大学院の場合は、主専攻で24単位以上、副専攻で28単位以上の履修が必要です。

メリットは、より専門的に学べること。就職先の選択肢も広がります。

デメリットとしては、大学の学費がかかることと、時間もかかります。

それに付随して、日本語教師採用資格として、学士(大学卒業)の資格が必要とされるところがほとんどになっています。

以上のことから、3つのルートの中で一番多くの人が選んでいるのが、①の養成講座通うというルートです。

実際、僕も①の日本語教師養成講座に通っています。

毎週土日コースで1年間で修了予定です。

次に多いのが、②の独学で日本語教育能力検定試験に合格するルートです。

自分も最初はこのルートで日本語教師を目指そうと思っていましたが、試験のハードルが高いのと同時に、実際の授業実習が学べないので、実践向きではないということで、諦めました。

一番ベストなルートは、養成講座で学び420時間修了を目指しながら、日本語教育能力検定試験にも合格するという方法です。

実際自分が日本語教師として就職する際には、この2つをクリアしておけばかなりプラスポイントになると思います。

ただ実際は、なかなかハードルが高くなりますが、それでも僕の周りにそういった方がいらっしゃいますので、不可能ではないと思います。

あと、実際養成講座に通ってきている人たちの声で、意外と多いのが、4年生の大学卒業学士の資格を持っていないので、就職活動の際のハードルになるということです。

日本語教師の求人票の応募資格には、だいたい「4年制大学卒業(学士資格)以上」というのがあります。

なので、主婦をされている方や、定年退職された方の中には、学士資格を持っていない方もおり、実際日本語教師になれないといったケースもあるようです。

そういった方たちは、学士の資格を取るため、通信制大学に通い学士取得を目指すという方もおられます。

これから、日本語教師養成講座を受講されるか迷っている人のために、実際に、今僕が通っている養成講座の様子を述べたいと思います。

平日コース土日コースがあるのですが、どちらのコースもほぼ女性の受講生です。

男女比は80~90%が女性と言った感じです。スタバで働いていたころを思い出しますね~。

ただスタバとの違いは、年齢構成です。スタバ従業員の平均年齢は20代後半~30代初めくらいでしょうか?

それに比べて養成講座は、ほぼ僕より年上の方達で、大学生も少しいる感じです。

僕の感覚では、20代10%、30代10%、40代40%、50代20%、60代以上20%といった感じです。

職業は、学生、主婦、定年退職者、フリーター、経営者もチラホラいます。

また外国人の方も少ないながらいらっしゃったりします。

なので、色々なバックグラウンドの方がいて、キャラもみなさん濃いので、とても面白いですね。

また色々な人脈作りにもなります。養成講座で出会った会社経営者の方と実際ビジネスでの商談も行ったりしました。

また、外国にルーツを持つ受講生との交流で、ビジネスを行なう上での海外とのコネクションも構築できたりしました。

また、受講生同士で勉強会を行なったりして、切磋琢磨する環境もあり、とてもいい環境で勉強が出来ていると感じます。

ただ、今通っている校舎以外から、見学や振替授業、転校で来られた方に話を聞くと、僕が通っている校舎は特に受講生のモチベーションが高く、日本語教育能力検定試験の合格率も70%くらいと聞きました!!

全国平均が20%なので、かなり高いですね~。

日本語教師を考えている方は、費用がかかりますが、それ以上得られるものがあると思うので、是非養成講座に通ってみてはいかがでしょうか?

それでは、また。

-日本語教育

執筆者:


  1. […] ちなみに、以前のブログでも少し触れました、日本語教育能力検定試験にも出題され易いものです。 […]

  2. […] 以前のブログにも書きましたが、 来日する外国人は近年どんどん増えています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本語教育推進法で日本語教師は何が変わるの?【2019年6月21日成立】

こんにちは、みなさん。 今日は「日本語教育推進法」について解説したいと思います。 昨日成立した、日本語教育推進法は、日本語教師や受講生の間で噂になっています。 以下に、議案要旨のリンク先を貼っておきま …

【日本語教育能力検定試験】 実際の過去問ってどんな感じ?難易度は?【Let’s Try!!】

こんにちは、みなさん。 今日は、「日本語教育能力検定試験」の過去問を実際に解きながら解説していきたいと思います。 ちなみに、ここでは文法的な詳しい解説ははさまないで解説していきます。 なぜなら、詳しい …

【初級実習】実習準備って何をすればいいの?【Teaching Practice】

みなさん、こんばんわ。 遂に始まりました。日本語教師養成講座の山場、実習です。 養成講座では、大きく分けて2回実習があります。 「初級実習」と「中上級実習」です。 初級実習は、9月の本番に向けて準備を …

【言語学者ソシュール】ってどんな人だったの?【Ferdinand de Saussure】

こんにちは、みなさん。 今日は日本語教育能力試験の勉強で、言語学分野に必ず出て来る、 「ソシュール」について書きたいと思います。 https://twitter.com/te_rri_chan/sta …

【日本語教師養成講座】対照言語学って何?【Contrastive Linguistics】

みなさん、こんにちは。 今日は、言語学の一分野、「対照言語学」について解説していきます。 対照言語学・・・言語学の研究方法の1つで、2つまたはそれ以上の言語を比べ合わせて、それらの相違点や共通点を研究 …