世界のてりぃブログ

いくつになっても、冒険野郎!

日本語教育

【日本語教育能力検定試験】vol.7語彙と意味について【Vocabulary and Meaning】

投稿日:2019年7月27日 更新日:

こんにちは、みなさん。

今日は昨日の続きで、外来語と混種語について解説していきたいと思います。

<外来語(洋語)>

16世紀半ば以降外来語(漢語を除く)から借用した語。主に欧米から伝わったもの。通常、片仮名で表記されます。

それでは、多彩な外来語の例を見ていきましょう。

①ポルトガル語(16c):ボタン、パン、カステラ、カッパ、カボチャ、カルタ、タバコ、テンプラ、バッテラ、ピン、ミイラなど

②スペイン語(16c):メリヤス、ボレロ、ゲリラ、マンボ、テキーラ、マラカス、パエリアなど

③オランダ語(鎖国18~19c):ガラス、コップ、コーヒー、ブリキ、ラッパ、エレキ、ビール、メス、アルコール、ランドセル、アルカリ、ゴム、カルシウムなど

④英語(幕末19c半):サラダ、ストライク、シーツ、コンピューターなど(外来語の80%)

⑤フランス語(幕末19c半):マヨネーズ、オムレツ、クレヨン、マント、アベック、マロン、シネマ、ズボン、メトロ、オードブル、サロンなど

⑥ドイツ語(明治以降):ガーゼ、カルテ、アルバイト、テーマ、エネルギー、リュックサック、カプセル、ホルモン、ギプス、ゲレンデ、ヨーグルトなど

⑦イタリア語(明治以降):スパゲティー、ピアノ、オペラ、ソロ、テンポ、カジノ、オカリナ、フィナーレ、ソナタ、マドンナなど

⑧ロシア語(明治以降):ウォッカ、ピロシキ、ノルマ、カンパ、ツンドラ、イクラ、コンビナートなど

⑨中国語(漢語ではない):麻雀、老酒、 拉麺 、炒飯、餃子、烏龍茶、功夫など

⑩朝鮮語:キムチ、ビビンバ、チゲ、ユッケ、カルビ、ハングル、ミソ、郡など

⑪アイヌ語:トナカイ、オットセイ、ラッコ、トド、サケ、エゾなど

⑫和製英語:ガソリンスタンド、ナイター、ジーパン、ノートパソコン、パーカー、ペットボトル、ライフライン、ガードマン、コンセント、サラリーマン、アフターサービス、カルチャースクールなど

⑬サンスクリット語:瓦

中世から外国と接触してきた日本は様々な国からの外来語が多く存在しています。

<外来語の特徴>

①発音は、子音を音節化して取り入れられるため原語に比べて拍が多くなることが多い。

開音節化:連続する子音の間に母音を入れること

閉音節:子音で終わること

例)strike[straik]→ストライク[sutoraiku]、desk[desk]→デスク[desuku]

②発音が日本語化(母音と子音が少ない)したために、本来同じではない複数の語が同じ音になっている。

例)フライ:” fly “と” fry “、ライト:” right “と” light “、バス:” bus “と” bath “

③名詞が多い。

④語感は、洗練されたスマートなイメージ。

例)宿(和語)-旅館(漢語)-ホテル(外来語)

次に混種語について見ていきましょう。

<混種語>

和語・漢語・外来語のいずれか2種以上の語が合成されてできている語

字際に例を見ながら確認してみましょう。

①和語+漢語:のど自慢、手本、身分、腕自慢、水商売…

②和語+外来語:消しゴム、窓ガラス、大型テレビ、生クリーム、あんパン…

③漢語+和語:座敷、粗大ごみ、気持ち、一割、勉強する、四角い、便利な…

④漢語+外来語:電子マネー、温水プール、食パン、合格ライン、両面テープ…

⑤外来語+和語:マッチ箱、アルバイトする、シャボン玉、デリケートな…

⑥外来語+漢語:デジタル放送、アルカリ性、ビール瓶、ヒット曲、リズム感…

⑦和語+漢語+外来語:パン食い競争、電子歯ブラシ、折れ線グラフ…

ちなみに、①と③で約84%、④が約8.5%となっている。

さらに細かく混種語を見ていきましょう。

①音+訓:献立(こん+だて)、役場(やく+ば)  ⇒「重箱読み」

例)台所、縁組、座敷、新芽、注射針

②訓+音:場所(ば+しょ)、手本(て+ほん)   ⇒「湯桶読み」

例)目線、消印、見本、身分、野宿、植木鉢

③外1+外2:クリームパン(英+ポ)、シュークリーム(仏+英)、カフスボタン(英+ポ)、カリスマモデル(独+英)、テーマソング(独+英)、グランドピアノ(英+伊)、バカンスシーズン(仏+英)、フラメンコショー(西+英)

<混種語の特徴>

①長単位のものが多い。

②名詞が多い。

③さまざまな分野・職域で活発に生産される。

④動詞=「+する」 例)チェックする

⑤な形容詞=「+な」 例)スマートな

昨日と今日2回に渡って、語種の和語、漢語、外来語、混種語を見てきました。

最後に、確認の練習問題をしてみましょう。

問題:【】内の観点から、他と異なるものを1つ選びなさい。

①【外来語の出自】

1パン 2パイ 3チョコレート 4キャンディー 5ケーキ

②【2通りの読み方のある漢語】

1人間 2礼拝 3仏語 4市場 5工夫

③【語種】

1水玉模様 2労働組合 3約束手形 4大雨注意報 5語彙調査

④【漢語】

1将棋 2囲碁 3麻雀 4競馬 5射的

⑤【和語】

1葉 2絵 3木 4日 5湯

どうでしょうか?ちょっと難しいでしょうか?1つ1つ確認していきましょう。

①【外来語の出自】についてですが、「1パン」だけがポルトガル語で他の選択肢は英語になっています。

なので、答えは1パンです。

②【2通り読み方のある漢語】についてですが、「4市場」だけが音訓読みになっています。それ以外は音読みペアです。

なので、答えは4市場です。

③【語種】についてですが、「5語彙調査」だけが漢語+漢語で、他の選択肢には、和語が入っています。

なので、答えは5語彙調査です。

④【漢語】についてですが、「3麻雀」だけが外来語です。他の選択肢は漢語になります。

なので、答えは3麻雀です。

⑤【和語】についてですが、この問題は難しいですね。漢語が1つだけ入っています。「2絵」だけが漢語になっています。

「絵」や「菊」は実は音読みなんです。なので、漢語になります。

なので、答えは2絵になります。

語種の確認問題どうでしたでしょうか。なかなか難しかったでしょうか。

また次回は、語構成について解説していきたいと思います。

-日本語教育

執筆者:


  1. […] その前に、和語、漢語、外来語、混種語の復習をしておきましょう。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【日本語教育能力検定試験】vol.9語彙と意味について【Vocabulary and Meaning】

こんにちは、みなさん。 昨日の続きをやっていきましょう。 昨日は語構成の分類のうち、単純語と派生語を解説しました。 今日は、複合語と畳語の解説をしていきたいと思います。 <複合語> 2つ以上の語基から …

【日本語教師養成講座】ミニ初級実習を終えて【Teaching Practice】

みなさん、こんにちは。 今日、養成講座でミニ実習を終えてきました。 【日本語教育:初級クラスの教室活動】「ミニ実習」今日、初級実習前の練習として、ミニ実習がありました。「て形」の指導というのを20分間 …

【日本語教育能力検定試験】ソシュールについて【Ferdinand de Saussure】

こんにちは、みなさん。 今日は日本語教育能力試験の勉強で、言語学分野に必ず出て来る、 「ソシュール」について書きたいと思います。 【日本語教育:言語学】ソシュールについて19世紀後半のスイスの言語学者 …

「日本語教育」と「国語教育」の違いって何?【What is Japanese Language Education?】

今日は、日本語教育事情について触れたいと思います。 みなさん、「日本語教育」と「国語教育」の違いってわかりますか? ん~、何となくわかるようで、わからないような。。 日本語?と国語?一緒じゃないの?っ …

【日本語教育能力検定試験】vol.1 過去問を解いてみよう!【Let’s Try!!】

こんにちは、みなさん。 今日は、「日本語教育能力検定試験」の過去問を実際に解きながら解説していきたいと思います。 ちなみに、ここでは文法的な詳しい解説ははさまないで解説していきます。 なぜなら、詳しい …